自分で浮気調査はすべきではありません

Posted by rensa - 2016年7月12日

もし貴方が浮気されて、「裏切られた!!」と感じ、慰謝料を請求する場合には、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけない所以ですし、複数回に渡る、浮気の証拠を突き付けられるようにしないといけません。

その辺を探偵社に調査して貰うようにすれば、探偵は貴方の期待に応え、ぐうの音も出ない形で、映像にのこしてもらえますし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を用意してくれるでしょう。

浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調べる時間が少なくて済むので、調査にかかるお金は少なくなります。しかし、浮気をしている日時が掌握していても、顔見しりにいって証拠を撮ってきて貰うにしても、成功することはほぼないはずです。勘づかれないように写真を撮りたいときは探偵を雇うのが賢明でしょう。自分で浮気調査はすべきではありません。

その理由は冷静でいることが難しくなってしまうかも知れません。強い心を持っている人でも、裏切られたことをいざ実感してしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースがこれまでに多くありました。平穏に解決するためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気現場を押さえるのは探偵に任せるべきでしょう。

探偵が尾行する際の料金はと言うと、何人の調査員が動くかにもよりますが、相場としては、1時間で一万円から3万円が目安です。

当然の事をいいますが、調査員が少数なら安く、増えるほど高くなります。

また、尾行の時に移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認したほうが良いでしょう。
尾行について時間による代金設定がされている場合、尾行をする時間が短い方が、費用が少なくなります。
ということは、尾行を探偵に頼むなら、相手の日々の行動を理解しようと観察することが大切なのです。
その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、どちらにもメリットがあります。
浮気調査でなにより大事なのは、不倫相手の存在を明らかにする事です。確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。証拠が揃い、浮気がミスなくなったならば、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。
パートナーの日々の行動を追跡したり、些細な痕跡も見逃さぬよう多彩な方法で、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確かめるのです。
本人に気づかれないようにして、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。

浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠としてあつかわれません。

浮気調査を探偵に依頼した場合は、用途に適するサイズのカメラも用意し全く気づかれずに鮮明に写真におさめることができます。

 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分で買うことができるかといえば、買うことが可能なのです。

追跡グッズは、GPS端末を一般に用いるというケースがほとんどですが、これは誰でもネットなどで購入が可能です。車両に載せてあるGPS端末というのは、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。

In:
Comments are Closed on this Post.